メルセデス・ベンツCクラス・クーペの2018年フェイスリフトを初キャッチ

公開 : 2017.01.25 04:50  更新 : 2017.06.01 00:31

2018年に施されるメルセデス・ベンツCクラス・クーペのフェイスリフトは、写真でもわかるとおりヘッドランプまわりに変更が加えられる。また、新しいディーゼル・エンジンが搭載される。

2018年モデルのメルセデス・ベンツCクラス・クーペは、エクステリアの変更、アップデートされたキャビン、そして新しいディーゼル・エンジンの搭載が主な内容だ。

ヘッドランプはデイタイム・ランニング・ライトが内蔵される模様。また、現行モデルとは異なる2本のホリゾンタル・バーのグリルが採用される。更に、大方のフェイスリフトと同様に、フロントおよびリア・バンパーにもデザインの変更が施される。

インテリアはCクラス・サルーンに今年施されるフェイスリフトと同様のものが与えられる予定。Sクラスから移植された新しいタッチ・パッド、新しいデザインのステアリング・ホイール、そしてインストルメント・パネルのリデザインとなる。

またこれもサルーンと同様だが、C220dとC250dのエンジンが2.1ℓから2.0ℓになる。

メルセデス-AMGのC43に搭載される3.0ℓV6と、C63に搭載される4.0ℓV8には変更はない。

価格は、現行モデルよりもほんの少し上昇すると見られる。



▶ 海外ニュース / 新型Cクラス、カモフラージュなしで出現

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事

      ×