フォルクスワーゲン・ポロR-ライン

公開 : 2012.12.10 09:06  更新 : 2017.05.29 18:58

■どんなクルマ?

かつてありきたりのスーパーミニのホットハッチといえば、レプリカ・モデルなどからスタイルやエッセンスだけを抽出したモデルも少なくなかった。それらモデルは、それらしくは見えたものの、フィジカル的にはスタンダードなモデルと一切変更がなく、パワー不足であると論じられた。

フォルクスワーゲン・ポロのR-ライン・トリムも、そういったモデルに属するもので、新しいバンパー、グリル、グリップの良いシート、16インチ・ホイールを得ただけのモデルだ。その1.2TSIエンジンは変わらない。

■どんな感じ?

ディーゼルのMPVモデルと比較して恥をかかないだけのパワーは持ち合わせている。街中では素晴らしく活気の良い、良く回るエンジンで、クイックなステアリングとの組み合わせは、小気味良い走りを披露してくれる。

しかし、アウディのS-ライン・トリムのうように、スポーツ・サスペンションが与えられなかったのは不思議でならない。

■「買い」か?

フォルクスワーゲンのトラディショナルなデザインのポロR−ラインは、安物のテニス・シューズのようなスポーティさを求める人にはいいかもしれない。保険代も安く、装備もそれなりものが揃えられている。

問題はその価格だ。よりダイナミックなパフォーマンスを持つスズキスイフト・スポーツよりも1,700ポンド(23万円)も高い15,195ポンド(200万円)というプライスタグが付けられているのだから。

(グレック・ケーブル)

フォルクスワーゲン・ポロR-ライン

価格 15,195ポンド(200万円)
最高速度 190km/h
0-100km/h加速 9.7秒
燃費 18.9km/l
CO2排出量 124g/km
乾燥重量 1088kg
エンジン 直列4気筒1197ccターボ
最高出力 104bhp/5000rpm
最大トルク 17.8kg-m/1550rpm-4100rpm
ギアボックス 6速マニュアル

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事

        ×