V12搭載のGクラス、メルセデス-AMG G65 4×4²ランドレー登場

公開 : 2017.02.07 04:40  更新 : 2017.06.01 00:30

G65 4×4²ランドレーは、630psを誇る6.0ℓツイン・ターボV12ガソリン・エンジンを搭載か?

限定モデルとして3月のジュネーブ・ショーで披露される、メルセデス-AMG G65 4×4²ランドレーは、V12ターボを搭載するG-クラスであり、セミ・コンバーチブルというボディ・スタイルを採用するようだ。

ランドレーの名は戦前の最高級車に由来

38年ものモデルライフを過ごしたG-クラスに別れを告げるAMG G65 4×4²は、戦前に最も豪華なメルセデスと言われた「ランドレー」の名を復活させるものとなる。

詳細はアンヴェールとともに公開されるが、われわれがキャッチした情報では、電動開閉式のファブリック・ルーフを搭載するようだ。これは後部座席の上部がオープンとなるタイプで、2007年発表のマイバッハ62ランドレーと同じ形式である。

AMG G65 4×4²は、G500 4×4²(写真下段)と同じストラクチャーを採用するが、Bピラーより後方のルーフ、リア・スクリーンは、オープン仕様化のために取り除かれる。その部分を覆う多層構造のファッブリック・フードが開くと、後部座席ではオープンエア・ドライブを楽しむことができるのだ。


関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

メルセデス・ベンツ Gクラスの人気画像

×