アウディRS3、ついに400psに AMG A45を上回る理由は? ジュネーブ

公開 : 2017.03.07 17:50  更新 : 2017.06.01 00:27

ついに400psに到達したアウディRS3の全貌が明らかになった。どの部分が、どのように変わったのだろうか? 目に見えない部分と、目に見える部分の2点に分けて掘りさげる。

目に見えない部分=エンジンの進化

2017年式のアウディRS3は、目に見えない部分、つまりエンジンが大きく進化した。5気筒の2.5 TFSIユニットが従来の367psから400psにまでパワー・アップしたのである。

軽く強靭なスチール製クランクケースと新式のデュアル・インジェクション、アウディが特許をもつバルブ・リフト・システムと排気システムの見直しによる成果だといえる。

最大トルクこそ3.0ℓストレート6を搭載するM140iに比べると2.1kg-m及ばないものの、2.0ℓ4気筒ターボのメルセデス-AMG A45 4マティックと比べると18psと0.6kg-mパワーは上回る。

パワーを伝達するための7速デュアル・クラッチAT(Sトロニック)のマッピングが調整されたこともまた、0-100km/hタイム4.1秒(従来-0.2秒)の実現に貢献している。

最高速度は250km/h(リミッター作動時)のままだが、望めば280km/hまで ‘拡張’ することもできる。

ちなみにM140i xDriveとA45 4マティックの0-100km/hタイムは、それぞれ4.6秒と4.2秒。

パワー・アップしているが、燃費は従来と同じ12.0km/ℓ。CO2排出量は189g/kmとなる。


関連テーマ