スバルXVがフル・モデルチェンジ 2.0ℓ水平対向は直噴化 全車が4WDに ジュネーブ

公開 : 2017.03.07 23:35  更新 : 2017.06.01 00:27

悪路走破性はもちろん、「動的質感」の向上も?

車体、シャシー各部剛性の大幅な向上(従来モデル比1.7〜2倍)やサスペンションなど足回り機構の進化、さらなる低重心化により、ドライバーの意志に忠実な高い操舵応答性を目指したという。

操舵時にムダな挙動がなく、高い直進安定性と路面に吸い付くようなコーナリング性能を提供してくれるそうだ。SUVに求められる220mmの豊かなロード・クリアランスを維持しながら、優れた操縦安定性も実現しているという。

また、フレーム構造の最適化や各部パーツの結合強化などにより、車体ねじり剛性を現行モデル比1.7倍に向上。

さらに、車体の共振の分散や歪の分散により、ステアリングやフロア、シートの振動を大幅に低減し、車格を超えた快適性を実現している。

サスペンション取付け部の剛性も向上することで、車体側をたわませることなくサスペンションの減衰性能を十分に機能させ、よりスムーズに路面からの振動を収束させるとのこと。

さらに、リア・スタビライザーを車体へ直接取り付けることで、車体の揺れを従来モデル比で50%低減し、快適な乗り心地を目指したのだそうだ。

スポーティながら緻密に作り込んだ内装

インストルメント・パネルからドア・トリムに至る連続した造形により空間の広がりと精緻な質感を目指したそうだ。

インストルメント・パネル中央の8.0インチ・タッチ・スクリーン・ディスプレイはスマートフォンとの接続が可能。

取り回しのしやすさとクイックな操舵感実現のため、従来モデルに対して小径化した新造形のステアリング・ホイールを採用した点もポイント。

インテリア・デザインの変更に加え、視界性能、室内スペースにも配慮。機能性についても、より一層の進化を目指したという。

▶ 2017 ジュネーブ・モーターショー

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事