ルーシッド・エア発売 回生サス 自動運転対応 テスラを超えるか

公開 : 2017.03.16 21:22  更新 : 2017.12.14 12:30

ルーシッド・エアの特徴のひとつが、オプションとして後席に設定されるリクライニング・エグゼクティブ・シートだ。標準仕様は4シーターであるが、5シーター仕様を選択することもできる。

回生サスペンション搭載 自動運転にも対応

またエア・サスペンションには、車体に伝わる衝撃から電気を得ることが可能な「回生サスペンション」を搭載している。

さらに同社によれば、エアは「自動運転対応」とされており、法整備や関連技術の準備が整えば、完全自動運転ができるだけのセンサーを搭載しているという。

生産開始は、2018年末を予定しており、その後デリバリーが開始される。プレオーダーは北米とカナダですでに開始されている。


▶海外ニュース / テスラのライバルになるか? ルーシッド・アティーバ

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事

      ×