クルマのテスト・ドライバー、どんな1日? 英国版の編集長がホンダ・シビックで体験

公開 : 2017.04.02 10:00  更新 : 2017.07.03 14:05

地味で地道な作業のなかにある楽しさ

プログラムは安全に関する講習から始まる。講習といっても机でガリガリ勉強するわけではなく、プロのドライバーの横に乗り勉強するスタイル。

わたしの最初の担当者は、ここ10年のあいだ、このテスト・トラックで数多くのドライバーをレクチャーしてきたジェニー・ホリデイだった。夜通し作業でカモフラージュしたわれわれのクルマに乗り込み、レクチャーが始まった。

今回われわれが乗るのは、全く新しいホンダシビック。1.5スポーツというグレードで、オド・メーターの示す距離はまだ5000kmだ。

さて、再度エクステリアや灯火類などをドライバーズ・ブックに則って確認したうえで燃料などを指示されたとおりに調整し、気温が上がるのを待ってからテスト開始。

C2やA3、BGやCJなど、簡単だけどよくわからないコードで構成されたセッションの開始である。

ゆっくりとスタートを切った。第3車線に移動し、第4、第5とスピードが上がるにつれて車線を移動していく。そして停止と発進を繰り返したり、ブレーキを条件別で使ってみたりした。

常にコンピューターが「スロットルを大きく開けて」「一定速度で巡航」「3速へ」「スロットルを閉じ、90km/hの段階で全開」など指示をしてくれるので、それに従うかたちだ。

160km/hでトップ・レーンを走っている際、このクルマの安定性はどう映っているのだろうかと気になって、助手席のホリデイを見てみた。

毎日仕事でこのようなことをやってる彼女にも、最新のシビックは不出来な面を見せることはなかったようだ。これはつまり、開発初期の段階でネガティブな部分が改善されていたということだろう。

「多くの人はこの仕事が花形と思っているけれど、毎回同じことの繰り返しだし、走っている最中は常に計測され続けているからエキサイティングとは言えないわ。でも今日みたいな清々しい朝にミルブロックのコースを走っていると、明日もこうして走っていたいと思うのよ」と彼女はランチのときにこぼした。


関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事

      ×