「ディーゼル衰勢」は正しい? 0-160km/h=10秒切りをパナメーラで試す

公開 : 2017.04.22 15:00  更新 : 2017.07.04 14:41

ディーゼル車のポテンシャルに懐疑的だったAUTOCARのアンドリュー・フランケルが、最初に衝撃を受けたのは1991年のこと。それ以来、その進化は続いてきましたが、15km/ℓの燃費と、10秒を切る0-160km/h加速を両立することは可能なのでしょうか。

わたしがAUTOCARに参加して、もうすぐ30回目の夏がやってくる。あの頃、ディーゼルの王座はシトロエンCX DTRターボ2から移るとは思えなかった。

われわれがテストしたCX DTRターボ2は、ほかのディーゼル車たちと比べると、まるで宇宙船かという加速で、現在のガソリン車で言うならばブガッティ・ヴェイロンのような衝撃を受けたものだ。

ただし、スタートをバッチリ決め、クラッチの焦げる匂いを無視して、完璧なシフトチェンジを決めたとしても、0-97km/hで10秒を切ることはできなかっただろう。公称値は10.1秒だった。

とはいえ、当時の一般的なディーゼル車は、メルセデス・ベンツ190Dが15.8秒、フォード・グラナダが17.5秒、フォルクスワーゲン・ゴルフが18.2秒といったところ。

うるさく、排気は汚く、しかも遅く、期待通りのペースでちょっとした道程を走ろうと思ったら、かなり必死にドライブしなければならないシロモノだった。今でもまざまざと思い出される。

あれから30年。その間の進歩は、10秒以下で97km/hに到達するディーゼルを現実のものにした。そのうえ、静止時から10秒で100mph(161km/h)に届くとくれば、われわれがテストしたアストン マーティン・ヴァンテージGT8、最近のベントレーやマセラティより速いことになる。もっと言えば、ポルシェ718ケイマンSやBMW i8さえも凌ぐのだ。

これまでのロード・テストを振り返ると、そんなクルマはたった1台。10.3秒を記録したポルシェ・パナメーラ4Sディーゼルだ。これならば、あわよくばディーゼル初の1桁を達成できるのではないだろうか。

われわれのプランはシンプルだ。ズルをするのである。


 

人気記事