アウディA8、新型が重くなるのはなぜ? 装備「よくばり問題」が原因か

公開 : 2017.04.23 16:00  更新 : 2017.06.01 00:22

次期アウディA8は、軽量化技術が注目をあつめる一方でボディ・シェルの重さは、実は旧モデルと比較して51kg重いのです。なぜ、そうなったのでしょう?

クルマがどんどん重くなる理由

次期型アウディA8のように、クルマが重くなる理由は大きく分けてふたつある。

ひとつ、装備である。

より優れたオート・エアコン、インフォテインメント、カー・コネクション・テクノロジー、厚いガラス、マルチ・ファンクション電動シート、エア・サスペンション、今までみた事もないような大きなホイール。これら全てが重量増の原因なのだ。

ふたつ目に安全。安全装備といったら単にブレーキといわれる時代もあった(運も従うが)。

しかし今日の安全装備といったら、ABS、DSC、自動緊急ブレーキ(ユーロNCAPで、最後のアイテムなくしては、5つ星は獲得できない)。

さらに先進のドライバー・アシスト・システムを挙げだしたらきりがない。歩行者衝突時対応ボンネットが要求される時代なのだから。


関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事