あなたは賛成? 反対? AUTOCARが選ぶ美しいクルマ(40位〜21位)

公開 : 2017.05.06 06:00  更新 : 2017.06.01 00:20

35位 フェラーリF40(1987)


ピニンファリーナが手掛けたスポーツカー。しかしスポーツカーというよりもGTレーサーに近い造りだ。このF40、F50、エンツォ、ラ フェラーリと続くハイパーカーの元でもある。今なお、多くのファンを持つデザインだ。

34位 シボレーコルベット・スティングレイ(1963)


ジャガーE-タイプと同じぐらい劇的な衝撃を与えたデザインだった。そのテーパー状のコクピットと、魚雷のようなホイール・ハウジング、リトラクタブル・ヘッドランプ、そして1963年モデルのみのスピリット・リア・ウインドーなど様々な特徴があった。そして、今なおセンセーショナルだ。

33位 ビュイック・リビエラ(1963)


本当に美しい1960年代のGMのモデル。ヨーロッパ・スタイルのクーペをヒントにスタイリッシュなクルマを作り上げた。

32位 ジャガーC-タイプ(1952)


歴代ジャガーのスポーツカーの中でも、官能的なクルマ。サイド・エグゾースト、きらびやかなグリル、パーフェクトなスタンスは今なお輝いている。

31位 アストン マーティンDB4(1961)


DB4、DB5、DB6と続く1960年代の一連のデイビッド・ブラウン・シリーズの中でも、最もクリアで軽くピュアなモデルが、このDB4だろう。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事

      ×