バラバラのマセラティ 10年越しの恋実る しかも3台 ーー 野ざらし発掘

公開 : 2017.05.07 09:00  更新 : 2017.06.01 00:20

何事も粘り腰が必要です。英国のマセラティ・エンスーであるシュノンは、10年かかってついにマセラティ3500ヴィニャーレ・スパイダーを手に入れました。まぁ、バラバラの状態ですが。

マセラティ・エンスージァストのナイジェル・シュノンは、遂に念願の3500ヴィニャーレ・スパイダーと共に3台のマセラティを手に入れた。

話は10年前に遡る。何ともアクセスもほとんどないような怪しいウェブサイトに、南アフリカで分解された3500ヴィニャーレ・スパイダーの売り物が出されたのだ。シュノンは、このクルマを買うことに決めてヨハネスブルグを訪問した。しかし、その時は条件が折り合わず、話しは流れてしまった。



しかしシャノンは諦めなかった。そのオーナーと10年間、連絡を取り続けたのだった。

そして、今年初め、商談が成立し、ついに念願の3500ヴィニャーレ・スパイダーを手に入れることに成功する。しかも、2台の3500GTセブリングも付いてきたというのだ。

シャノンは、3500ヴィニャーレ・スパイダーがオリジナル・エンジンと、レアなハードトップを持っていたと語った。ただし、このクルマは30年以上も前にバラバラにされていた。もちろん、セブリングも同様の状態だった。

2日間に渡る探索で、3台分のすべてのパーツが揃っていることが判った。そして、これら全てが英国に送られた。



シャノンは、3500ヴィニャーレ・スパイダーについては早速手を入れていくつもりだが、2台のセブリングについては悩んでいるという。興味がある方がいれば、[email protected]に連絡をとってみてはどうだろう。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事