どうなるの? V12エンジン フェラーリCEO V12自然吸気を継続の意向

公開 : 2017.05.01 19:42  更新 : 2017.06.01 00:21

フェラーリのセルジオ・マルキオンネCEOが、V12自然吸気エンジンの今後について、重い口を開きました。「V12にターボを搭載するのはナンセンス」というのがフェラーリの見解です。

セルジオ・マルキオンネ V12自然吸気を諦めず

フェラーリのセルジオ・マルキオンネCEOは、今後もラインナップにV12自然吸気エンジンを揃えていくという意向を示した。

これにより、V12がダウンサイズされ過給を受ける、あるいは製造中止になるという懸念は抑えられたことになる。

エンジン制御部門のリーダーは、V12にターボを搭載するのはナンセンスだと話しているという。そしてマルキオンネは、「V12自然吸気エンジンをサポートするのは、ターボではなく、ハイブリッド・システムである」と明かした。
 

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事