酷評? 賞賛? BMW 440iを試乗 430iオーナーは見るべからず

公開 : 2017.05.03 12:00  更新 : 2017.05.29 14:39

このページの主役、440iの前にのった430iは酷評です。はっきり言って。一方の440iはどうでしょう。お楽しみください。

■どんなクルマ?

「憂鬱」の2文字から始まった試乗会

BMW 4シリーズに乗ってのミュンヘンからオーストリアへの旅は良いなスタートとはいかなかった。まさかの雪。しかもブリザードの真っ只中の。エアバスA320のパイロットがハンド・ブレーキを引いて、シートベルト着用サインを解除する前に、僕たちの試乗車のタイヤは全てスノー・タイヤへ換えられてしまったのである。

そのうえプレス・カンファレンスでは、新型車は目新しさに欠くという残念な現実を知ることになった。

BMWによると、前後のライトが新しくなったようだ。新しいデザインのバンパー、そして内装と外装のカラー・バリエーションが増え、ステアリングも新しくなったとのこと。

それが注目ポイント?

正直なところ、新しいデザインのバンパーがついた(だけの)ニュー・モデルの試乗に、最初から期待をしろという方が酷ではないか。

しかし刷新されたテクノロジーの説明に移ると、話の内容は徐々に面白くなってきた。

目に見えない部分で変わった2つのポイント

任意のレイアウトが設定できるデジタル・メーターと、スワイプ操作ができ、AppleのCarPlayが使えるうえグラフィックも新しくなったインフォテインメント・パッケージ。

現行の5シリーズと7シリーズに導入済みのものだと聞いて、嬉しい気持ちになった。

BMWのドライビング・ダイナミクスの導師である、ヨス・ファン・アシュによると、フロント・ホイールのネガティブ・キャンバーを上げたことで、アンダーステアも克服したという。

ダンパーの減衰レートも改められ、スタビライザーの径が太くなったことまで加味すると、走りに期待ができると僕は思った。

そして、「マッピングし直したステアリングのおかげでフィードバックも改善した」という台詞を聞いた時、ほかのジャーナリストが歓声をあげた。

なぜなら、旧モデルの最大の汚点はそのダルい操舵感にあり、非常に後味の悪い印象だったからである。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事