イマイチ? AMG E63S 4MATIC+ 「スマートさよりも狂気が欲しかった」

公開 : 2017.05.08 19:00  更新 : 2017.05.23 16:21

600psを超える4ドア・サルーンと聞いただけでドキドキしますが、英国編集部は、あまり満足していないよう。メルセデス-AMG E63S 4MATIC+の試乗記です。

■どんなクルマ?

羊の皮さえ、かぶっていない

600ps超の4ドアサルーン自体はこれが初めてではない。数年前、キャデラックCTS-Vが実現させていた。ただし、言うまでもなく「並外れた」領域。

英国の道においても、そう簡単に慣れるものではない。

連綿と続くAMGの不朽の名作は、今回大きな転換期を迎えることとなった。どういうことかと言うと、つまり「従来のAMG」からの脱却だ。

4WDが標準で、コイルスプリング式サスペンションからアダプティブ・エアサスペンションになるというのが今回の特筆すべき点。

ドライブトレインが変わったのは、AMGがアメリカの市場開拓に本腰を入れたから。「4WDであること」というのは、プレミアム・ブランドとして販売するにあたって重要なポイントとなる。

サスペンションの変更に関しては、604psのフルパワーを発揮する際にも、乗り心地とハンドリングの幅を広げることを目論んだためであろう。

ラインナップは従来の563psのモデルと、この「S(604ps)」、それから4ドアか、ステーションワゴンも選択可能。

大出力は9速オートマティックを伝って100%のトルクを前後それぞれのアクスルにかけることが可能。また「ドリフト・モード」を選択すると、リアのトルク配分が多くなり、従来通りのAMGの挙動を再現することもできる。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事