ポルシェ911カレラGTS 3.0ℓターボの味わいは? カレラSや4Sも考慮に試乗

公開 : 2017.05.16 12:45  更新 : 2017.05.29 19:03

3.0ℓターボを載せることになった2017年のポルシェ911カレラGTS。気持ちよさは健在でしょうか? 「カレラSの豪華版か、あるいはターボSのスリム版か?」という独自の考え方にも注目です。

■どんなクルマ?

純粋に楽しみたいならば……

純粋にドライビングを楽しみたい向きにとって、このGTSは、究極の911かもしれない。それ以上を求めるなら、価格のレンジが異なるが、GT3を求めるのがよい。

GTSは、素の911とおなじく、ボディ・タイプは、クーペ、カブリオレ、そしてタルガから選択でき、後輪駆動か4輪駆動を選ぶことができる。

全ての仕様において、マニュアルかPDKを選べることは言うに及ばずである。

AUTOCARはピュアなクルマを求める

われわれの求めるものは、いつだって最もシンプルなモデルだ。後輪を駆動する、マニュアルで繰る、クーペがそれであるが、ついに希望する個体が英国へやってきた。

ボディ全幅は1852mm。ちなみにふつうのカレラは1808mm、4Sは1852mm、ターボ/ターボSは1880mm。つまりGTSは4Sのボディ幅と共通なのである。

30pを上乗せして、450psとなった出力は、カレラSにパワー・アップグレード・キットを搭載した時のそれと同じ水準となる。

標準で備わる、PASM(サスペンション・マネジメント)やロワー・スポーツ・サスペンションは、通常モデルでは、オプションであるし、そして、センター・ロックのホイールは、ターボから拝借したものだ。

一方で、このモデルでも、アダプティブ・ダンパー、リア・ホイール・ステアリング、カーボン・セラミック・ブレーキはオプションである。

外観上の識別点は、空力を追求した、独自のフロント・スポイラーと、それにマッチするリア・ウイングに追加されたリップだ。ブラックで統一されたホイール、排気パイプ、ヘッドライトは、GTS化に伴う常套手段である。

インテリアでは特製のロゴとアルカンターラで覆われたキャビンが目を引く。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事