米フォード、マーク・フィールズCEO退任へ 世界的な販売減を受けて

公開 : 2017.05.22 18:41  更新 : 2017.12.14 12:31

元マツダの社長として知られるこの方。現フォードCEOのマーク・フィールズさんが、「退任」するというニュースが飛び込んできました。世界的な販売低迷が原因ということです。

日本時間の深夜、CEO退任発表か

ニューヨーク・タイムズが、フォードのマーク・フィールズCEOが退任すると発表した。

2014年に同職に就任したフィールズだが、フォードの世界販売は、北米で7%減、欧州で11%減と低迷を続けている。そのために、職を離れることになったという。フォードは過去2年間で、株価も40%低下しているのだ。

AUTOCARの取材に対し、フォードは正式なコメントを控えたが、ニューヨーク証券取引所のオープンと同時に、なんらかの発表があると考えられる。そして、自動運転部門を率いるジェームズ・ハケットが、後任になる見込みだ。

なお、同社は先週、アジアおよび北米の従業員を10%削減すると発表したばかりである。現在アジアでは10万1000人、北米では2万3000人がフォードに勤務しているので、その影響は計り知れない。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事