マクラーレンP1、後継モデルはEVスーパーカー? フォーミュラEの実績を投入か

公開 : 2017.05.23 06:10  更新 : 2021.07.12 18:38

フォーミュラEから、マシン乗り換えがなくなる!

「しかし、バッテリー・メーカーは、エネルギー密度を早急に高める必要があります。航続距離を伸ばし、パフォーマンスを高めたいのであれば、そこには必ず、冷却の問題が関わってきます」とヴィネルズは話す。

フォーミュラEにバッテリー技術を提供をしているマクラーレン・アプライド・テクノロジーズは、新世代バッテリーではレース中のマシン乗り換えが不要なほど、航続距離が延長できるとしている。つまり、現在の2倍のレンジを走り切る性能があるというのだ。

フェラーリも次期V12スーパーカーにはハイブリッド・テクノロジーを搭載するとしており、ポルシェも680psを発揮する量産モデル、パナメーラS E-ハイブリッドを導入した。今後ハイブリッドや電動化が、スーパーカーメーカーの進む道となることは間違いないだろう。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事

      ×