ルノー カングー ジャンボリー2017

2017.05.14

カングー・ジャンボリーは、実は世界で唯一ガングー主役のルノー公式のファン・ミーティングです。今年も5月14日に山中湖を舞台の開催されました。カングーだけでも1,243台が集まりました。

text & photo:Yasuhiro Ohto(大音安弘)

世界最大規模のカングー・ミーティングである「ルノー カングー ジャンボリー2017」が、5月14日、山梨県山中湖村の山中湖交流プラザ「きらら」にて開催された。

同イベントは、世界で唯一となるカングーを主役とするルノー公式のファン・ミーティングだ。山中湖畔の広大な敷地を持つ会場が、オープンと共にカングーで埋め尽くされるのも、ファンには見慣れた光景だ。今年、全国各地から集まったカングーの数は、昨年の135台増しとなる1243台。さらにルノーの他のモデルや他ブランド車まで含めると、全体の来場台数は1977台にも上る。来場者は、カップルやファミリーが多いため、4226人が集う。ミーティング・イベントとしてはかなりの規模といえる。

前日は、激しい雨に見舞われた山中湖であったが、当日は青空とは行かないものの過ごしやすい一日に。オープニングで挨拶を行ったルノー・ジャポンの大極 司代表取締役社長は、「皆さんの熱い想いが、雨雲を跳ねのけてくれた」と、全国より集まったファンを歓迎すると共に、感謝の気持ちを伝えた。

会場内は、ステージエリアと駐車エリアの大きくふたつに分けられる。ステージ・イベントの目玉は、毎年恒例となった新車発表会だ。今回は、限定車である「カングー アン プロヴァンス」を発表。これは、南フランスのプロヴァンス地方の夏をイメージした特別仕様車で、オレンジ・メタリックのボディカラーとダークグリーン×アイボリーの専用シートカバーを備えた内装が特徴となっている。この限定車は、なんとイベント限定グッズとしてチョロQ化。多くのファンがイベント参加の記念に買い求めていた。

さらにカングーのトピックとして、ステージでは働くカングーである2台のコラボカーがお披露目された。フランス菓子の名店「ピエール・エルメ・パリ」で活躍する配達車とイオンペットの救急動物病院に配備されるペット用ドクターカーの2号車だ。ドクターカーについて簡単に解説すると、災害発生時にいち早く被災現場へ獣医師や動物看護師などを派遣し、ペットの救命活動やケアを行えるよう特別仕様としたもの。診察だけでなく、手術まで可能な医療機器まで搭載されるなどかなり本格的だ。既に1号車が幕張新都心のイオン動物医療センターに配備されているが、2号車は相模原どうぶつ医療センターに配備されるという。愛犬共に参加するカングー・オーナーも多いだけに、このドクターカーへの関心も高い様子であった。

一方、駐車エリアも、イベントを楽しむうえで重要なポイントとなる。毎年、ファン同士の交流やカングー・オーナーによるフリーマーケットなど、大いに盛り上がりを見せるからだ。特にカスタム好きのカングー・オーナーにとっては情報収集の場でもある。熱心にカングーに取り付けられたパーツをチェックする来場者の姿も見受けられた。またピクニック感覚で、テーブルやイスを並べ、仲間と語らいながら過ごすなど参加者それぞれが思い思いにのんびり過ごせるのも、同イベントの魅力。湖畔の美しい自然と一面に咲いた愛らしい花のように色鮮やかなカングーたちに囲まれた一日は、参加者たちの心を大いにリフレッシュしてくれたようだ。

    • 毎年恒例の新車発表会では、今年の限定車「カングー アン プロヴァンス」がお披露目された。

    • この限定車は、夏の南仏プロヴァンス地方を彷彿されるオレンジのボディカラーが特徴。限定数は80台のみ。

    • 人気フランス菓子店「ピエール・エルメ・パリ」との新コラボカーはブルーのカングーがベースに。

    • イオンペットとのコラボによるペット用ドクターカーは、2号車が完成。ステージでは贈呈式が行われた。

    • 日本介助犬協会によるデモンストレーションが行われ、介助犬の能力の高さと、その必要性がPRされた。

    • 多くの来場者で賑わるステージエリア。公式グッズショップでは今年もイベント限定Tシャツが大人気に。

    • 限定車「アン プロヴァンス」仕様の限定チョロQも販売。こちらなら、気軽に購入できるのが嬉しいところ。

    • ルノー・フルラインアップ展示では、昨年デビューしたばかりのトゥインゴの注目度が高かった。

    • カングーパネルが用意された記念撮影ポイントも大好評。一時は、長い順番が出来ていた。

    • ファンにとって毎年のお楽しみのひとつとなった「ピエール・エルメ・パリ」のマカロン配布。

    • 奥の駐車場のクルマは、全部カングー。雨天に見舞われなかったものの、絶景の富士山を拝むことはできず……。

    • カングー・オーナーによるフリーマーケットでは、洋服やおもちゃなど様々なものが並ぶ。

    • 黄色のイメージが強いカングー。初代は濃い黄色、現行型は淡い黄色だってことを、知っていましたか?

    • トゥインゴもコラボカーにデビュー。こちらはロゴデザインがお洒落なイオンペット仕様だ。

    • イオンペットの動物病院で活躍するペット用ドクターカーの1号車も展示。2号車も同じデザインとなる。

    • 道路を挟んだ向こう側には、山中湖畔が広がる美しいロケーションも、この会場の魅力だ。

    • 前日の雨でカングー専用駐車場が使用できず、来場者向け駐車場もこのようにカングーだらけに……。

    • ピクニック感覚で、テーブルやチェアーを並べて、家族と友人とのんびりと過ごすカングーファンも多い。

    • カラフルなお尻がキュート。これも現行型となり、限定カラーが豊富に発売されたから。

    • なにやら背の高いカングーがいると思ったら、正規導入のないカングー4×4だった。

    • 現行型の5ドアで唯一サンルーフが標準装着された限定車「コンフィチュール」も姿を見せた。

    • ショートボディに特徴的なポップアップルーフを備えたカングー・ビボップ。M/Tのみという設定もシブい。

    • ルーテシアかと思ったら、激レアなワゴン仕様のクリオ・エステート。こちらも日本未導入モデルだ。

    • キャプチャーも多く見受けられた。どうやら塗装かラッピングでマット仕上げとなっているようだ。

    • 世にも珍しいクーペライクなMPVのアヴァンタイム。今は自動車製造から撤退したマトラ社が生産していた。

    • ユニークな180度展開式ルーフのタルガトップがウリだったスペシャルティカーのウィンド。

    • ルノーが誇る国民車だったR4/キャトルも、カングー・ジャンボリーに数多く集う一台だ。

    • キャトルの商用車仕様「フルゴネット」。コンパクトなのに、積載力抜群。まさにカングーのご先祖様といえる。

    • 最近では、めっきり見かけることが少なくなったシュペール・サンク。レザー内装を備えた豪華版のバカラ。

    • こちらも欧州では設定があった4ドア仕様のカングー。日本では5ドアのみが正規導入されている。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事