最強セダン一番勝負:後編 ― AMG E63 vs アウディRS7 vs レクサスGS F vs BMW M6グランクーペ

公開 : 2017.05.29 11:40  更新 : 2017.05.29 19:23

メルセデス-AMG E63が、「サウンド」「加速」「ドライビング」の3カテゴリーで、それぞれのエキスパートと戦います。後編は、ドライビング対決。E63にとって、キツイ勝負になりました。

▶ 「前編」はこちらをクリック!

▶ 「後編」はこちらをクリック!

最終競技、ドライビング対決

いよいよ最終競技だ。

ここまで、サウンド面で対戦相手を下し、ツインスクロール・ターボと新型ピストン、改良版の吸気システムを得た4.0ℓV8は9速ATや4WDと相まって、新たな直線番長の座に就いた。

次なる興味は、金属スプリングと後輪駆動のシンプルなパッケージに、ハンドリングのバランスやコミュニケーション性で敵うのかという点にある。

E63における否定できない、そして見逃せないひとつの真実は、新型のエア・サスペンションが、コンフォート志向ではないということ。

あえて言うが、これまでは、スプリングの適応力が生む快適性こそが、エアサスを採用するアドバンテージだった。


しかし、今回の重点はそこに置かれてはいない。金属スプリングのC63 Sは粗いフィールで、鋭い凹凸を乗り越える際にはノイジーだったが、E63 Sはそれよりとげとげしい感じさえある。

Eクラスでありながら、ハードでダイナミックな仕立てとなっているのだ。

その点、メルセデス-AMGは確信犯だと言える。この乗り心地に耐えられないというなら、Sの付かないE63や、E43をお選び下さい、というわけだ。

Sは「軟弱者お断り」という意思表示だとも言える。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事