ヴォグゾール・クロスランドXに試乗 「ガッカリ」多し ジュークやCX-3がベター

公開 : 2017.05.30 18:40  更新 : 2017.05.30 18:44

■どんな感じ?

ガッカリしたことがある

試乗したのはガソリン・エンジンの中間仕様で、1.2ℓユニットは109ps/20.9kg-mを発生。パンチがあって、しかもよく回る。

残念なのはトランスミッションで、5速MTは変速の動きが曖昧で、しかも高速巡航時にはエンジン回転が上がりすぎてやかましい。

走らせてみてさらにガッカリしたこともある。

ステアリングはフィードバックに乏しく、コーナリングではロールが大きすぎる。しかも不整路面では、キャビンに伝わる衝撃も小さくない。

ただし市街地を走るぶんには、ステアリングの軽さが取り回しを楽にする。高い着座位置による良好な視認性もまた、運転のしやすさに貢献する。

室内は、成人4人が乗るのに十分なスペースと、日産ジュークや、身内のモッカさえ凌ぐ410ℓの荷室を備えており、実用性もなかなかのものだ。

£300(4万3千円)の「バーサティリティ・パック」を選択すれば、後席にスライド機構と、40:20:40の3分割可倒シートバックも追加される。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事

      ×