メルセデス・ベンツEクラス・クーペ新型 682万円〜 後席スペース・安全装備拡大

2017.05.31

メルセデス・ベンツの「Eクラス・クーペ」が新型になりました。“別世界” のインテリアに囲まれたクーペをご紹介します。

Eクラス、第3のボディタイプ

約50年にわたる「Eクラス・クーペ」の歴史をたどると、こんな特長を見つけることができる。

・2ドア・モデル
・Aピラー以降がクーペ専用デザイン
・流麗なルーフライン
・サッシュレスウインドウ
・Bピラーレスの広いウインドウ

そして新型は…‥

新型は、ダイヤモンド・グリルとパワードームを備え、スポーティな顔立ちに。サイドビューは、低く立ち上がるAピラーと、サッシュレスドアにより、伝統のクーペ・プロポーションを形成した。リアは、すっきりと水平にトランクリッドに伸びる2分割構造のLEDリア・コンビランプが特長だ。

“別世界” 感あふれるインテリア

新型Eクラスクーペの室内には2つの高精細12.3インチ・ワイドディスプレイを設定。

2つのディスプレイを一枚のガラスカバーで融合し、空中に浮かんでいるような造形とした。

先代モデルに比べてボディサイズが大型化したことで、後席の拡大幅は

レッグルーム:+74mm
ショルダールーム:+34mm
ヘッドルーム:+15mm

と目に見えて居住性を高めている。
 

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新国内ニュース

人気記事