ホンダ・シビック・タイプR 2017年型、サーキット試乗 FFでもいい? 

公開 : 2017.06.16 12:10

+Rモード、ゴルフRやフォーカスRSより良い

残されたのは+Rモード。わたしならばエンジンは+Rを選択、ブリッピングシステムはオフにして、ステアリングはコンフォート、ダンパーはスポーツを選択するだろう。

この複雑な要求をどうやって設定するかだが、答えは至極簡単、ただタッチパネルに触れるだけ。

コントロール性は良好。ステアリングの応答性は的確で、エアロダイナミズムのおかげで240km/hを超えてもなお車体は安定している。

ピークパワーの316psは、6500rpmで発生し、最大トルクの40.8kg-mは2500〜4500rpmの間で発生する。

ターボラグがあることはもちろんだ。むしろ、ターボラグがないターボ車なんてそうそうない。

けれど、リッターあたり158psものパワーを誇るので、サーキットで一度体感してしまったら最後、病みつきになってしまうかもしれない。

今回サーキットでのテストで感じたのは、新しいシビック・タイプRは軽く、俊敏でフォルクスワーゲン・ゴルフRや、フォード・フォーカスRSよりも良いということ。

FF車であり、車重が1380kgであるにも関わらず、だ。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事