ミニ初のPHEV「クーパーS E クロスオーバー」、ディーゼルより「買い」? 吉田 匠が試乗

公開 : 2017.06.29 12:00  更新 : 2017.06.29 15:59

ミニ・クロスオーバーのプラグインハイブリッドを吉田 匠さんがドライブしました。大きいし、重たいし、高価ですが、じつはPHEVならではの「うまみ」があることを発見したようです。

■どんなクルマ?

ミニのPHEV、クロスオーバーが初

このクルマ、車名のなかの「E」が示すとおり、ミニ・クロスオーバーのプラグインハイブリッドモデルであると同時に、ミニシリーズで初のプラグインハイブリッドでもある。

ただし、ミニ初のプラグインハイブリッドが何故クロスオーバーに搭載されたのかについては、明確に説明されてはいない。

それに関しては、ボディが大きいことによって、ハイブリッドのパワーユニットを搭載しやすいという、機構上の理由が想像できる。

それに加えて、SUVスタイルのクロスオーバーがハイテク万能車というイメージにふさわしい、という意味合いもあるのかもしれない。

それは、フロントに1.5ℓ3気筒ツインパワーターボエンジンと6段ATを搭載して前輪を駆動、リアにリチウムイオンバッテリーと電気モーターを積んで後輪を駆動する4WDで、前後の駆動力配分をハイブリッドユニットが自動的にコントロールする。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事