東風ホンダ、新型CR-Vを発表 1.5ℓターボとHVの2本立て ホンダ・センシングも

公開 : 2017.07.10 14:36  更新 : 2017.07.10 14:36

ホンダ・センシング採用 装備も充実

さらに、安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ・センシング)」をはじめ、充実した装備を採用し、都市型SUVの新しいベンチマークとなるべく商品魅力の強化を図ったという。

CR-Vは、2004年に都市型SUVの先駆けとして中国市場で発売されて以来、これまであわせて約150万台が販売されている。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事

      ×