マイナーチェンジ版グレイス・ハイブリッド試乗 フィットと使い勝手の違いは?

公開 : 2017.07.26 15:40

フィットMC車と乗り比べ 3BOXの優位性

MCによる車体周りの改良点は大幅なテコ入れを行ったフィット(写真水色)より少ないのだが、新型同士で乗り比べると全体的な走りの質感は同等。車軸周りの振動抑制ではフィットに分があるが、静粛性ではグレイスが優れる。


ハンドリングや乗り心地についても同様であり、走り全体が大同小異の範疇に収まっている。要は同車格では良好な質感を持つ。それは車体剛性や遮音性における3BOX構造車体の優位性が活きた結果でもある。


セダンのアドバンテージを実感するのは後席の居心地。レッグスペースでフィットより多少余裕があるが、ヘッドルームの余裕など総合的な寸法的な広さは同等レベル。車体寸法とハッチバック車の比率を見れば一目瞭然だが、セダンはスペース効率で及ばない。居住性ではリアウインドウが後席に近い分、ヘッドルームが狭くなり、天井の圧迫感も強まる。つまり、セダンのハンデを感じさせない居住性なのである。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

ホンダの人気画像