新ロールス・ロイス・ファントム発表 新ツインターボV12 48V化 予想価格5193万円

公開 : 2017.07.28 07:00  更新 : 2017.07.28 07:03

「ロールス・ロイス・ファントム」がフルモデルチェンジ。後傾グリル、レーザーヘッドライトが印象的な新型は、新開発V12ツインターボを投入。5000万円超えの世界を体験してみましょう。

8代目ロールス・ロイス・ファントム

ロンドンで8代目ファントムが発表された。BMW傘下になって2世代目となるファントムは、完全な新開発モデルであり、専用設計のアルミスペースフレームを採用する。

エクステリア

グリル:後傾スタイルを採用
ヘッドライト:レーザー式(照射距離600m)


ステンレススティールはすべてハンドポリッシュされ、最も長いパーツは1つのボディワークで3mを超える。撮影中、ルーフやピラーに継ぎ目を見つけることはできなかった。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事