ジャガーF-タイプ、2.0ℓ4気筒に試乗 サウンドや燃費、走りの印象は?

公開 : 2017.08.06 18:10  更新 : 2017.08.06 19:06

2.0ℓ4気筒エンジンを載せるジャガーF-タイプの試乗記です。やはり気になるのはサウンドでしょうか? いや燃費? AUTOCARの読者ならば走りの印象ですね!

■もくじ

どんなクルマ?
2.0ℓのF-タイプ 威勢のいい弟?
立ちはだかる問題とは? 対象法は?

どんな感じ?
2.0ℓ4気筒 肝心なサウンドは?
体感として速い? 遅い?
興味深い、乗った際の印象

「買い」か?
2.0ℓ4気筒のF-タイプ どう見るべきか

■どんなクルマ?

2.0ℓのF-タイプ 威勢のいい弟?

この2.0ℓエンジンを搭載した新たなF-タイプを、ジャガーは「威勢のいい弟」と表現した。長い時間元気な弟と暮らしたひとはわかるかもしれないが、威勢のいい弟なんて、ただ鬱陶しいだけだと思うのだが。

しかしまあ、楽しみでもある。なんてったってこの2.0ℓエンジンは300psを発生させるのだから。

ジャガーの判断をたんなるダウンサイジングと思ったひとも多いはず。たしかにフェラーリだってメルセデス-AMGだってやっていることだ。しかし違う。これまで通りV6やV8も併売される。

4気筒エンジンを6/8気筒のクルマに載せる。この構想はポルシェ718ケイマンでも実行されたものだ。たんなるダウンサイジングではなく、4気筒そのものにも、れっきとした存在意義があるのだろう。

ただし大きな問題がある。

 
最新試乗記

人気記事