ジャガーF-タイプ、2.0ℓ4気筒に試乗 サウンドや燃費、走りの印象は?

公開 : 2017.08.06 18:10  更新 : 2017.08.06 19:06

■どんな感じ?

2.0ℓ4気筒 肝心なサウンドは?

V6やV8に慣れ親しんだわれわれにしてみれば、4気筒のエグゾーストノートは控えめ。ちなみにこのエンジンはレンジローバーにも搭載されている。

もしスポーツカーやGTカーのようなリッチでパワフルなサウンドをご所望とあらば、これは少し期待外れだろうと思う。迫力あるサウンドは、やはりV6かV8なのだ。

4気筒エンジンから発せられるサウンドは、ターボチャージャーのある前方から聞こえてくる。アクティブエグゾーストを解き放ってやると気迫あふれるサウンドが目を覚ます。ラウンドスピーカーによってサウンドが増強されているらしい。

体感として速い? 遅い?

最大トルクは1500rpmで発生し、動力の伝達は全くもって正確。しかし飛ばすには最適なクルマとは言えない。エンジンレスポンスを覆い隠してしまうかのような8速オートマは、このミッションでなければ……と妄想してしまうが、ATでもお似合い。

ジャガーは0-97km加速を5.4秒でやってのけるといっているが、これに関しては疑う余地はないだろう。

同じくらいのタイムならば、ホンダ・シビック・タイプRがいる。しかもシビックのほうが£20,000(290万円)も安い。これではジャガーの立つ瀬はあるだろうか。

しかし、クーペには、デザインやパッケージングなどの知性が詰まっている。平凡なサルーンよりも良い。物質としての満足感は少なからずあるだろう。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記