BMW M3 コンペティション・パッケージ試乗 マイナーチェンジの成果は?

公開 : 2017.08.08 11:43  更新 : 2017.08.08 13:02

BMW M3 コンペティション・パッケージの試乗記です。気になるのは、BMWが公表していないマイナーチェンジ。さて、どう変わったでしょうか?

■もくじ

どんなクルマ?
BMW M3 コンペティション・パッケージ

どんな感じ?
まずはiDriveシステムをチェック
コンペティション仕様の内装の印象
F80のなかでベストなシャシー
他スポーツサルーンより「キレ」重視

「買い」か?
競争激化のカテゴリーゆえレベル高し

■どんなクルマ?

注目は「公表されていない」変更

BMWはF80 M3にフェイスリフトを行った。

しかし、2018年モデルの改良点は、フレッシュでシャープな印象をもたらすスモークアウトされたLEDヘッドライト、最新のiDriveシステムの改良を中心とした内装の微細な変更と、小規模に留まる。

これらは、BMWが公表している改良点であるが、他のメーカーと同じで、BMWもまたモデルイヤーを重ねるごとに、継続的に少しずつ改良を施すメーカーである。

その多くは、公表されることなく、生産型へ適用されることになる。改良を受けたM3のシャシーに関しては、メーカーは何も言及していないが、われわれは、いくつかの新しい発見があると確信している。

テスト車は、M3コンペティションと呼ばれ、ベースモデルに対して£3,000(43万円)高価で、特別にチューンされたシャシーを持つ。

若干のパワーアップと、独自のホイール、そしてスタイリングの差別化も施されている。

 
最新試乗記

人気記事