フォルクスワーゲン、中国向け低価格車を計画

公開 : 2013.01.16 18:46  更新 : 2017.06.01 01:45

フォルクスワーゲンのテクニカル・チーフ、ウルリッヒ・ハッケンベルクによれば、5,400ポンド(76万円)という低価格のモデルの開発が進行中だという。それは、新しいUp!より安く、中国向けのジェッタ・サルーンの7,500ポンド(106万円)よりももちろん安いモデルだ。

デトロイト・モーターショーの前にハッケンベルグはAUTOCARに「それは困難な仕事かもしれないが、不可能なことではない。デザインが今年中に確定するなら、2年後には販売を開始することができる。」とコメントしている。

この中国向けの低価格モデルを作成することに、フォルクスワーゲンの社長はかなりご執心だという。また、これが成功すればインドで生産してインドで販売するモデルにつがなる。

プラットフォームが何を使うかはまだ明らかになっていないが、フロントはポロのものが流用されるだろう。

ハッケンベルグは、このクルマには、プレミアム・テクノロジーとグッド・クオリティが保たれるべきだとも語っている。

「スタイルが良くなければならない。と同時に所有欲を満たすモデルでなくてもならない。」という。

中期的には、西ヨーロッパでも販売されることにもなるだろう。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事