トヨタ、販売店向け「カーシェア」アプリ開発 Servco社とハワイで実証開始

公開 : 2017.08.17 11:53  更新 : 2017.08.17 13:53

トヨタは何を目指すのか?

トヨタの専務役員で、コネクティッドカンパニープレジデントの友山茂樹は「トヨタのモノづくりの強みと、地域に根ざした販売店のオペレーションを組み合わせることで、より快適なカーシェアサービスをお客様に提供できるようになると考えています」とコメントする。

「Toyota Connected North America, Inc.」のCEOであるザック・ヒックスは「次世代のプラットフォームとして『モビリティ・サービス・プラットフォーム』の構築を推進し、車両管理やカーシェア事業、ひいては将来のモビリティ社会の到来に向けたグローバル基盤を整備していきます」と語る。

今後トヨタは、安心、便利で魅力的なモビリティサービスの実現に向け、今回のカーシェア事業用アプリや「モビリティ・サービス・プラットフォーム」を、そのほかの地域の販売店のほかさまざまな事業者にも展開する。

関連テーマ