レンジローバー・ヴェラール 2.0ℓ4気筒インジニウム・ディーゼルに試乗

公開 : 2017.08.21 11:40  更新 : 2021.04.13 18:04

■どんな感じ?

オフロードよりもオンロード

われわれに預けられたこの4気筒仕様のヴェラ―ルのオプションリストを見た時、エアサスペンションが装着されていることに気づいた。

このオプションは£60,000(843万円)〜£70,000(984万円)の車両価格の中に、£1,140(16万円)の追金で装着できる。月賦払いの人には、あまり気にならない範囲かもしれない。

このHSEグレードの価格、£64,160(902万円)と比べると、2%以下のオプション費用で、車高調整と優れたロールコントロール、より高い最低地上高とより深い水深渡河性能を得ることができる。また上質な乗り心地も手に入る。

HSEは目下、一番の人気トリムレベルになっている。オフロード走行には不可欠とみなされてきたロアレシオのギアは備わっていないものの、全てのランドローバーのモデルが、クラス随一のオフロード性能も持ち合わせている。

ただ、もし本格的にオフロード走行も考えているなら、£10,000(141万円)安くなるSトリムが装着する、不整地にも優しい5スポークの19インチホイールを選択しておいたほうが良いだろう。

エンジンマナーはどうだろう?

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

ランドローバーの人気画像