マツダとフィアット、アルファ・ロメオ車の生産に向けた事業契約を締結

2013.01.18

マツダとフィアット グループ オートモービルズは、2012年5月23 日に合同発表した協業に関して、本日、正式に事業契約を締結したことを発表した。

この契約に伴い、マツダは2015 年よりフィアット傘下のアルファ・ロメオ向けオープン2シーター・スポーツカーをマツダの本社工場で生産することになる。

アルファ・ロメオのオープン2シーター・スポーツカーは、グローバル市場をターゲットとして、次期マツダ・ロードスター(海外名:マツダMX-5)のアーキテクチャをベースに開発される。この合意によりマツダとアルファ・ロメオは独自のデザインのFRアーキテクチャの2シーター・オープンカーを導入することになる。また、それぞれのモデルは独自のエンジンを搭載することとなっている。

ちなみに両車の販売は2016年を目標としている。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新国内ニュース

人気記事