AMG GTの新顔「GT C」に試乗 ライバル、911ターボよりアストンか

公開 : 2017.09.15 11:40  更新 : 2017.09.15 16:29

キャラクターが明確なインテリア

話を911との比較に戻そう。AMG GTレンジは6車種を揃え、911のようにその存在を主張するのではなく、需要に則したラインナップで構成されている。ロードスターは、ライフスタイルを楽しむドライバー向けであり、Rまで昇華するモデルはシリアスにドライビングを楽しむドライバー向けに用意されており、それらはみな、同じ4.0ℓツインターボのV8エンジンと変速機を搭載する。

一方で、ベースモデルからハードコアなモデルであるRに至るにつれて、インテリアにはそれぞれのキャラクターに応じた変更が施されている。例えば、Rモデルにはハーネスが備えられ、ベースモデルの内装のフィニッシュはソフトな素材で行われている。とはいえ、その2車間に基本的に大きな違いはない。メルセデスの隙のないインフォテインメント・システムが美しく設置されたキャビンは、見栄えがいい上に、仕上げも素晴らしい。

センタートンネル上に設置されたボタンの数の多さは、若干目障りかもしれない。車輛の後方に腰掛け、郵便ポストの差入口のようなフロント・ウインドウから長いボンネットを眺めると、このGTは紛れもなくマッスルカーの雰囲気を持っていることを認識させられる。

大柄な車体にも関わらず、長身のドライバーには辛いが、このクルマのインテリアは友好的で、安らぎがあり、そして喚起してくれるものである。アルミ製の車体がそうさせるのかとも思うが、同じようなレイアウトを持つジャガーF-タイプでは、こうはいかない。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事