アウディA8 2017年型に試乗 内外装の進化 自動運転の現状探る

公開 : 2017.10.11 11:40  更新 : 2018.02.16 17:26

ドライバー補助 現時点の出来栄えは?

白線に話を戻そう。A8は常に白線をスキャンしており、レーンを外れると優しく軌道修正してくれる。常識的な速度の範囲でなら、ハンドル操作なしでもクルマの流れについてゆくことができるのではと思えるほどだ。

一度だしたウインカーをキャンセルするのが少し早すぎたりすると、高速道路のランプウェイへの進入を止めようとすることもある。なお、ステアリングホイールを通じて伝えようとする反力にも、さらに気を遣う必要はあるだろう。

また、来年のA8クラスには、オプションでアウディの新しいAI制御アクティブサスペンションが搭載される予定である(残念ながらわれわれの試乗車には搭載されていなかった)。

これは乗り心地を一変させる可能性を秘めた技術であり、前方の路面を予測して電気モーターにより四輪それぞれのダンピング特性を変更する。緊急の場合にはシャシーの片側を80mm持ち上げることもできる。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事