ジャガーE-PACE試作車、試乗 クロプリー英国編集長が助手席で

公開 : 2017.10.23 11:40  更新 : 2017.10.23 12:58

ジャガー初の小型SUVとなるE-PACEにはジャガーの精神が宿っているのでしょうか? クロプリー英国編集長が北ウェールズの田舎道にて助手席試乗します。

もくじ

「ジャガー精神」たしかめる道で
E-PACEとイヴォークたちの共通点
試作車とは思えないクオリティ
E-PACEは「スポーツカー」か
どこで作られても「正真正銘」
(番外編)できること、に挑む

「ジャガー精神」たしかめる道で

少し走っただけでこのジャガーの新しい小型SUVがいかにコンパクトでスピード感があるかがわかる。

これまでコンパクトさとは縁遠かったジャガーだが、ウェールズ地方のウェルシュプールからベラまで、約1時間の曲がりくねった細道では同社が得意とする俊敏さが際立った。

その道はほとんどずっと両側が木で覆われ、急勾配や岩っぽいバンク、かつてモーリス・マイナーが走っていた頃から使われているボロい柵がある。でもだからこそ、英国でも随一の、走る楽しみを味わえる道なのだ。

実はここは「ジャガー精神」を預かるベテランエンジニアのマイク・クロスが好む道である。彼はあらゆる新モデルの運転特性、乗り心地、視認性、制御効率を磨いて、ブランドにふさわしいクルマに仕上げている。

クロスのチームは、ここで数多くの新しいモデルの最終調整を行ってきた。彼らはサスペンションとコーナリング性能を確かめるため、長年この起伏に富んだ峠道でクルマを限界まで走らせてきたのだ。

ステアリングは迅速かつ正確な方向転換ができるか、極端なサスペンションの動きに影響されないか、をチェックすることでクルマの安定性を確認してきた。

小型SUVの世界でも運転要因の競争が激化しているが、70年以上の卓越した実績を自負するジャガーはその名に恥じないポジションに食い込まねばなるまい。

同じSUVクラスにはBMW X1や、アウディQ3、メルセデス・ベンツGLA、さらに大きなサイズのモデルもあるが、E-PACEが売れればジャガーのSUV市場への侵略が成功する。

英国内における同社のSUV販売台数は2012年以降倍増し続け、その数は今や440000台だ。この数ヶ月で勢いが少し落ち着いてきてはいるが、英国で販売された新車のうち5台に1台がジャガーのSUVという記録的な成長を続けている。

新しいE-PACEは、イヴォークやディスカバリー・スポーツと深い関連がある。

 
最新試乗記