スイフト・スポーツ新型 英国編集部が試乗 1.4ターボで「21世紀の古典ハッチ」へ

公開 : 2017.11.02 10:10  更新 : 2017.11.02 10:31

日本車を日本で、英国編集部がテストしました。装備の「充実しすぎ」を指摘する一方で、ハンドリングや元気のよさは賞賛。「21世紀の古典ハッチ」と称します。

もくじ

どんなクルマ?
1.6ℓ→1.4ℓターボ それでもスポーツ?
軽量化とともに剛性向上 演出も

どんな感じ?
車重970kg 安全装備も充実へ
ハンドリング 安定しすぎなのか
1.4ℓターボ トルク増の恩恵あたえる

「買い」か?
21世紀の「古典」ホットハッチ

スペック
スズキ・スイフト・スポーツのスペック

どんなクルマ?

1.6ℓ→1.4ℓターボ それでもスポーツ?

新型スズキ・スイフト・スポーツのダッシュボードに収まる赤くふちどられたメーターの間に配置されるのは、このクルマの走行情報をカラーグラフィックで表示するマルチ・インフォメーションディスプレイだ。

ディスプレイには燃費、5分間の平均車速、アクセル操作、ターボのブースト圧と、アクセルとブレーキによる加減速Gが表示される。瞬間表示は日産GT-Rやスバルの高性能モデルの専売特許であったが、今やこのスモール・ホットハッチにも搭載されるようになったのだ。

さらにはストップウォッチ機能付き時計表示があり、ふたつの円グラフは一定時間内でのパワーとトルクの発生量を示す。しかし、パワーとトルクについては正確な測定値ではないため、その表示された値自体にほとんど意味は無い。ドライバーがこの1.4ℓターボ・エンジンに注ぎこむ情熱を測ることなどできないように、単なる目安と考えるべきだろう。

今回はAUTOCAR英国版編集部にとって、2018年春に上陸予定の新しいスイフト・スポーツがどんな出来栄えかを日本でテストする初めての機会である。

なかでも注目すべきは、活発なキャラクターが評判だった現行モデルの1.6ℓNAエンジンが、この新しいスイフト・スポーツでは、既にヴィターラS(日本名:エスクード)に搭載されているターボ付き1.4ℓブースタージェット・ダウンサイズ・エンジンに置き換わるという事だ。

スペック上の違いは4psの出力アップだけかと思うかもしれないが、最大トルクが、これまでのわずか15.2kg-mから22.4kg-mへと増したことによる恩恵は大きいに違いない。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事