ランボルギーニ・ディ2017(1)ランボ輸入開始50年記念車

2017.10.20

恒例のランボルギーニ・ディが開催されました。まずは、ランボルギーニ「輸入開始50年記念車」の披露と詳細情報をレポートしましょう。

text & photo:Kazuhide Ueno(上野和秀) photo:Lamborghini Japan(ランボルギーニ・ジャパン)、AUTOCAR JAPAN

ランボ輸入開始50年記念車の特別さ

2017年は日本へ初めて「ランボルギーニ400GT」が輸入されてから50周年を迎える記念すべき年である。これを記念して、日本向けに特別デザインされたアヴェンタドールSロードスター50thアニヴァーサリー・ジャパンが5台のみ限定生産される。5台ともワンオフモデルとなり、日本文化の五大元素(水、地、火、風、空)をテーマに、それぞれイメージするカラーやフィニッシュが施されているのが特徴だ。今回のランボルギーニ・ディでは「水」モデルが初披露された。

ランボルギーニのアドペルソナム(ビスポーク)部門が、チェントロ・スティーレ(デザイン部)とともにコンセプトの具現化を手掛け、5つのモデルごとに特別な陰影を付けた塗装を施すアイデアが誕生した。今回初披露された「水」モデルは、10人のアドペルソナムのスペシャリストが170時間かけて実現した青が黒に変化していく特別な塗装で表現したもの。また、フロントグラスのフレームにはカーボンファイバーが無塗装で使用され、精悍かつ特別な雰囲気を漂わせている。


内装にはNero Ade/ネーロ・アーデのレザーとNero Cosmus/ネーロ・コスムスのアルカンターラで構成される。「竹」の漢字をモチーフとしたシート中央部とハードトップの刺繍はこの限定車ならではの特徴で、ステッチ色は外装に合わせられている。センターコンソールに備わるスタート&ストップ・ボタンのカバーは、車体色と同じブルー・グラデーション仕上げとされている点も見逃せない。

モデル名の由来となっている五大元素の漢字が描かれたカーボンファイバー製六角形プレートはリア・バルクヘッド部分に誇らしげに取り付けられ、ドライバー側のフロントピラーの下に配した「Opera Unica」(ワンオフの意)のプレートと、サイドシル後方には「50 JAPAN」のプレートが取り付けられ、特別さをさらに演出している。


注目の価格は6800万円(税抜)と発表されたが、既に5台すべてが完売だという。

アヴェンタドールSロードスター50thアニヴァーサリー・ジャパン「水」モデルの特徴的なカラーリングやディテールは、文字で説明するより写真をご覧いただくのが正解と考え、可能な限り掲載した。

くわしくは、『すべての画像を見る』ボタンからご確認いただきたい。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事