VW e-ゴルフ EVとしてバッテリー/航続距離/価格検証 主役の道「まだ遠く」

公開 : 2017.11.09 10:10

「e」より「ゴルフ」のよさ目立つ

リーフに関連して、もうひとつ付け加えるならe-ゴルフも走行中は1ペダル・ドライビングが可能だ。停車まではサポートされないが、Dレンジ走行中のアクセルペダルオフのエンブレ回生を標準のコースティング(空走)以外に3段階で任意選択が可能。

Bレンジを選択すればさらに強力なエンブレ回生を行う。もちろん、ペダルストロークでエンブレ回生の効きをコントロールできる。

ただし、ペダルブレーキは回生油圧協調型を採用し、最大回生量もエンブレ回生より圧倒的に大きい。つまり、効率面で1ペダル・ドライビングの意味はない。

これらを合わせ見ればe-ゴルフの電動技術は堅実と現状に合わせた発想で開発されているのがわかる。EV相対で先進的とは言い難い。

それでもe-ゴルフの走りはEVのトップレベルである。「e」の部分には特段の感銘を得なかったが、「ゴルフ」の部分がいい。効率的で使いやすいキャビンや高速安定性に優れたフットワークを語るのは今さらだが、そういった特徴を失うことなく走りの質感をアップさせていた。

これまでも乗り心地の改善を図ってきたが、e-ゴルフには重質かつしっとりとした収まりのよさが加わり、車格感を1ランク向上させた。

EVならではの静粛性の高さ、とくに改良情報は発表されていないが、ロードノイズも耳当たりがよくなっている。走りの質感や快適性はプレミアムコンパクトでも群を抜いている。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事

        ×