光岡リューギ、マイナーチェンジ 安全面を向上 カローラに合わせ

公開 : 2017.11.09 16:10  更新 : 2021.01.28 16:58

おまけ 「リューギ」の由来は? 1台生産に40日も

「車名の由来となった『流儀』の意味は、「ある物事に対するその人なりの、やり方、スタイル」です」と光岡は説明する。

縦型ラジエターグリルに、丸型ヘッドランプを配置し、メッキ加工を施した前後のバンパー部に厚みを持たせる事で、堂々たる存在感を主張している。

リューギを1台生産するには約40日間かけて、職人がすべての工程を手作業でおこなう。

通常のガソリンエンジン車にくわえ、光岡自動車のラインアップでは初となるハイブリッドモデルもある。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事

      ×