ランボルギーニ、マサチューセッツ工科大学とタッグ 5つの技術で描く未来とは?

公開 : 2017.11.10 18:25

ランボルギーニがマサチューセッツ工科大学内の、ふたつの研究所と協力。「蓄電システム」、「革新素材」、「推進装置」、「先見的なデザイン」、「エモーション」の5つの技術的側面からスーパー・スポーツカーの未来に取り組みます。

もくじ

MIT内 2研究所とコラボ
蓄電システム
推進装置
革新素材
デザイン
エモーション

MIT内 2研究所とコラボ

ランボルギーニは、マサチューセッツ工科大学にあるふたつの研究所とコラボレーションし、電気で走る未来のスーパー・スポーツカーの可能性に向けた第1歩を踏みだした。

「蓄電システム」、「革新素材」、「推進装置」、「先見的なデザイン」、「エモーション」の5つの技術的側面からスーパー・スポーツカーの未来に取り組む。

「蓄電システム」と「革新素材」は、マサチューセッツ工科大学化学科のミルセア・ディンカ教授率いるディンカ研究所と、同大学機械工学科のアナスタシオス・ジョン・ハート教授率いるメカノ合成グループのふたつの研究所と提携。

アウトモビリ・ランボルギーニが大部分の資金を提供するこれらの共同プロジェクトでは、蓄電システムと材料科学における革新的なイノベーションの実現を目的とする。

アウトモビリ・ランボルギーニCEOのステファノ・ドメニカリは次のようにコメントした。

「当社R&D部門にとってMITとのコラボレーションは、ランボルギーニが得意としてきた『スーパー・スポーツカーのルールを書き換える』この上ない機会です」

「将来を見据え、現在は不可能とされていることを形作っていくことに、わたしたちはやりがいを感じます。ランボルギーニは常に、次世代の夢を創造していかなくてはなりません」

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事