オペルの社長にカール・トーマス・ノイマン

公開 : 2013.02.01 14:54  更新 : 2017.06.01 01:45

オペル・スパーバイザリー・ボードは、1月31日、アダム・オペルの社長、GMヨーロッパの社長、そしてGMの副社長にカール・トーマス・ノイマン博士を指名した。

ノイマン博士は、2010年9月から2012年8月まで、フォルクスワーゲン・チャイナのCEOを務めた。それ以前の、2004年から2009年まではコンチネンタルの理事であり、中でも2008年8月から2009年9月までは、コンチネンタルの理事会の議長をしていた人物。

彼に課せられた使命は、ヨーロッパでのGMのシェア拡大にある。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事