インタビュー 「のるか、そるか」 80歳、ダラーラ創設者の「決意」

公開 : 2017.12.09 11:40  更新 : 2018.03.23 21:15

ダラーラ・ストラダーレ、誕生

プロジェクトはすぐに弾みがつき、完成したストラダーレはダラーラの81歳の誕生日にスペシャル・イベントでお披露目された。

ストラダーレはロードカーに彼の名前を冠するという長年の夢を実現しただけではなく、会社の技術力もアピールしている。

会社はすでに、将来のプロジェクトに関する可能性をいろいろと検討している。

「世界の変化はとても速い」とダラーラは言う。「このクルマの経験によって、未来のモビリティについて冒険してみようという気になっているんです。このクルマのもっとも大きな成果は、おそらくこれですね」

どうやらダラーラは80代になっても技術の将来性にとても興味がある様子だ。

「わたしはもう仕事をしていないでしょう」と彼は言う。

「一方で会社はとても強い状況にあるので、今後とも存続しているはずです。社員の大半は若くてとても賢明で、大きな夢があります」

ダラーラは、最近初めて個人的にミウラを買った。

ランボルギーニで働いていたころは、とても買えませんでした」と彼は言う。

ミウラは、ランボルギーニ自身のポロ・ストリコ工場のレストア部門でリビルトされている最中で、首を長くして待っているところだ。

クルマのエンジニアリングにおいて最も長くて著名なキャリアの両端を、ミウラとストラダーレという素晴らしいブックエンドが挟むことになる。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事

      ×