ポルシェ、ヴァルター・ロールとの契約が25年に 歴史、名言を回顧

公開 : 2018.01.22 16:10  更新 : 2018.01.22 17:09

契約における条件 会長の好む名言

ひとつの条件とは、元会長のDr.ヴェンデリン・ヴィーデキングに対して、「新開発について常にありのままの真実を話す」ということ。

それ以来、ロールは、959、カレラGT、918ハイブリッド、911およびGTの全バージョン、パナメーラなど、数々のマイルストーンの立ち上げの際にその開発とチューニングに携わった。

「彼は今日に至るまでかつての取り決めを守ってきました」とポルシェのコメント。ロールは常に自分が考えていることをありのままに話す。

「ポルシェで過ごすあいだに重要なことを学びました。限界に達するためにわれわれがスポーツカーに求める最高のハンドリング性能は、プロのドライバーが必要とするものを超えています。理想的なスポーツカーは一般ドライバーにも運転しやすいものでなければなりません」

ポルシェAG取締役会会長のオリバー・ブルーメは次のように話す。

「アンバサダーおよびアドバイザーとして25年間にわたってポルシェに誠意を尽くしてくれただけでなく、数々の格言を残してくれたヴァルター・ロールに感謝いたします。わたしは、次の言葉が特に好きなのです」

“ポルシェ911のない車庫は暗い穴倉にすぎない”。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事