新型BMW 3シリーズ M3とのギャップ埋める340i/340d Mパフォーマンスの可能性が浮上

公開 : 2018.01.24 16:10

新型BMW 3シリーズの続報です。M3と標準車のギャップを埋める340i/340d Mパフォーマンスの可能性が浮上してきました。ちょうどアウディS4クワトロやメルセデス-AMG C43 4MATICと同じように。

340 Mパフォーマンス M3とのギャップ埋めるか

2019年、次期型3シリーズがデビューする際、標準のセダン/ワゴンがデビューしたあとに、M3とのギャップを埋めるモデルがくわわることが有力視される。

この手法は、5シリーズにおける、M5と540iの関係とおなじ。直列6気筒を載せ、ディーゼル/ガソリンの両方を設定。M3ほど「硬派」ではないが、スポーティであることを主張するといった役割が求められる。

BMW M340i Mパフォーマンスは、直列6気筒ターボガソリン(365ps)を組みあわせるだろう。駆動方式はFR。

その後、M340d xDrive Mパフォーマンスがくわわるはず。搭載する直列6気筒ディーゼルターボは325psを発揮するだろう。

ライバルメーカーを見れば、アウディS4クワトロとメルセデス-AMG C43 4MATICがある。シャシーのチューンと装備の充実にくわえ、外観をほどよくスポーティにしているのが特徴。

2020年には3シリーズの2ドアクーペ版である、M440i Mパフォーマンス/M440d Mパフォーマンスの追加も考えられる。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事