ミニEV 北極圏てテスト開始 「イシゴニスへのアンサー」

公開 : 2018.01.24 19:10  更新 : 2018.01.24 19:13

EVのミニ、いよいよ北極圏でテスト開始です。「いま、イシゴニスがミニを作ったら、かならずEVにしたでしょう」というのは、ミニのトップの言葉です。

EVのミニ イシゴニスへのアンサー

ブリュッセルにて、ミニを率いるセバスチャン・マッケンゼンは、「イシゴニスが現在、ミニを作るとしたら、必ずやEVにしたでしょう」とAUTOCARに語った。

「1959年、初代ミニが生まれた際のチャレンジに対する、現在の『答え』でもあるのです」

2017年の9月、フランクフルト・モーターショーで初めて姿を現したミニ・エレクトリック・コンセプト(くわしくは「ミニ・エレクトリック・コンセプト フランクフルトで一般公開」を参照)は、いま、北極圏でテストをおこなっている。

寒冷地における航続レベルの強化に的を絞られているだけでなく、すべりやすいコンディションでハンドリングを磨いていることも考えられる。内燃機関を載せるミニに比べて重心が下がっているため、より楽しく感じられるかもしれない。

「ゴーカートのようなフィールは、EVではより一層感じられるどころか、別次元のものと言えそうです」とセバスチャン・マッケンゼン。「EVならではのトルクの立ち上がりを含めて、エキサイティングな乗り味となるでしょう」

なお、AUTOCAR JAPAN上でこの記事をご覧になっている方は、記事下の「すべての画像をみる」ボタンから、外部メディアでこの記事をご覧の方は、記事下に設けられたリンク「『ミニ・エレクトリック・コンセプト』すべての画像を見る」から、ほかの画像をお楽しみいただける。

 

人気記事