ヒュンダイ・ヴェロスター・ターボ

公開 : 2012.03.07 14:32  更新 : 2021.02.20 18:32

ヒュンダイ・ヴェロスター・ターボがジュネーブ・モーターショーで発表された。この新しいターボ・モデルは、ヒュンダイとして初めての1.6リッターのT-GDIエンジンを搭載するモデルだ。

ヨーロッパ仕様では、この1.6リッター・ハイ・コンプレッション・ツイン・ターボ・スクロール・エンジンは、183bhpと27.5kg-mのパワー、トルクを発揮する。パフォーマンスは、自然吸気エンジンが0-100km/h9.7秒に対して8.4秒となる。

ヒュンダイは、ターボ・モデルにクイック・ステアリングを与えた。また、サスペンションは「ドライバーの愉しみを強化」するためにチューンされている。より大きなエグゾーストは、ヒュンダイがより力強い音を出すために装着されている。

6速マニュアル・ギアボックスが標準だが、幅広いトルク特性に合うようにワイドレシオが与えられている。

ヴェロスター・ターボは、新しい前後バンパー、リアスポイラー、18インチのアロイ・ホイール、LEDデイタイム・ライト、LEDテールランプが与えられた。

なお、北米仕様は、1月のデトロイト・ショーで、既にデビューを果たしている。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事

      ×