シボレー・カマロ vs フォード・マスタングGT V8マッスルカー対決 前編

公開 : 2018.01.31 10:10

勝負をつけていいのでしょうか? マッスルカーの象徴的存在、シボレー・カマロ6.2 V8とフォード・マスタングGTを戦わせ、明確にジャッジします。

もくじ

前編
大排気量という「正義」
古典のなかの新しさ
マッスルカーの「光と影」
番外編 最も有名なマスタングとカマロ

後編
カマロ「プレミアム」名乗れる
走りにみる、両者のちがい
いつもの環境で光るのは…
V8のキャラ、どう違う?
番外編:お互いのヒストリー

大排気量という「正義」

フォード・マスタングにシボレー・カマロと言えば、何といってもそのエンジンルームに収まる偉大な大排気量の自然吸気V8エンジンである。

米国で生産され、いまや英国への上陸も果たしたこの2台の古典的マッスルカーを乗り比べようではないか。

どちらもかつて「排気量に勝るものなし!」と叫ぶ男にお似合いのモデルだ。カウボーイハットを被り、ライ・ウィスキーを愛する男たちにとって、当時はそれが正義だった。

速いクルマが欲しければ、大排気量エンジンが必要な時代だったのだ。

しかし、スマートフォンとデジタル通貨の時代には、この考えには首を傾げざるを得ない。つまり、速いクルマを作るにはもっと違うやり方がたくさんあるということだ。

ハイブリッドやターボ、それにもしかしたら軽量素材を使うことで、より排気量拡大の恩恵を受けることができるかもしれない。

しかし、未だ排気量に勝るものがないというのもひとつの真理。大排気量エンジンが奏でるサウンドは独特で、そのパワーデリバリーの強烈さに並ぶものなどない。

まさに自然吸気の6気筒や8気筒大排気量エンジンでのみ味わうことのできる強烈な体験である。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事