試乗 1.6ディーゼルのホンダ・シビック バランスが魅力 ガソリンも捨てがたく

公開 : 2018.01.31 23:40  更新 : 2018.02.01 08:23

ハンドリングも良 内装、そつがない

ハンドリングもいい。

可変レシオの電動パワステ(ラック・ピニオン)はフィードバックが弱い感じがするが、こんにちの標準から考えると、取り立てて悪いというわけではない。

今回のイタリアの試乗ルートでは急カーブはあまりなかったものの、急カーブに出くわした際は、思った以上にロールすることもなく、急ハンドルを切ってもバランスが大きく崩れることはない。グリップも優れている。

舗装路でもフィーリングは上々。クルージング速度での洗練具合も目を見張るほどだ。

高速道路では1.6ℓi-DTECは静かで生き生きとしている。高いギアだとパンチに欠けるが、そんな時はシフトダウンすればいいだけ。6速のマニュアル・ギアボックスはシフトも正確でストロークも短い。

インテリアはいたるところにプラスティックが使われていて、決してラグジュアリーとは言えないが、人間工学的には問題ない。

ホンダ・コネクトと呼ぶレスポンスの遅いインフォテインメント・システムが唯一の弱点で、特にグラフィックスに関しては時代遅れだが、幸いなことに、Apple CarPlayやAndroid Autoを使えばこれは改善される。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事