デイビッド・ブラウン・オートモーティブ 過激な高性能GTを準備 ジュネーブで披露

公開 : 2018.02.07 10:30  更新 : 2018.02.20 18:13

古き佳き英国車の伝統を受け継ぎ、興味深いクルマを世に送り出しているデイヴィッド・ブラウン・オートモーティブ(DBA)が、ジュネーブ・ショーで新型車を発表する予定。これまでより過激という高性能GTです。

DBA新作、ミニ・リマスタードなどに続く

オリジナル・ミニを復刻したミニ・リマスタード(くわしくは「ミニ・リマスタード 受注2000件超えに その理由は? 開発者に聞く」)や、メイン画像のアストン マーティンDB5のオマージュといった風情のスピードバックGT(くわしくは「試乗 デイビッド・ブラウン・スピードバックGT」)で話題となったDBAが、ジュネーブ・ショーに新作を持ち込む。

現時点ではバッジにフォーカスしたイメージカットを見せるのみだが、いわく「高性能でクラシックなグランドツアラーについて、デイビッド・ブラウンが思い描くビジョンをカタチにしたもの」になるのだとか。

ミニ・リマスタードやスピードバックGTと同じく、シルバーストンの本社工場で、伝統的な工法を用いてハンドメイドされるとみられる。

「スピードバックGTを発表して以来ずっと望んでいたもので、これ以上は発表を待ちきれません」と息巻くのは、創立者にしてCEOのデイビッド・ブラウンだ。

「前代未聞なレベルのパフォーマンスを備え、DBAブランドをわたしたちの既存の顧客に加え、新たな顧客にもにアピールします。我が社にとっても、これまでにないエキサイティングな機会となります」

ジュネーブにおけるDBAのブースでは、ミニ・リマスタードの初期生産分も展示される見込み。販売価格は7万ポンド(1069万円)からだが、カスタマイズのメニューは豊富で、同じスペックのモデルは2台と造られないだろう。ちなみに、以前にAUTOCARで試乗した車両は、2万9000ポンド(443万円)相当の装備が追加された仕様だった。

なお、AUTOCAR JAPAN上でこの記事をご覧になっている方は、記事下の「すべての画像をみる」ボタンから、外部メディアでこの記事をご覧の方は、記事下に設けられたリンク「『DBAスピードバックGT』すべての画像をみる」から、ほかの画像をお楽しみいただける。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事